不動産のプロがしっかり査定します!

不動産査定はプロにお任せ!素人だと不動産について詳しい方は少ないので、不動産査定や売却はプロにお任せしましょう。 - 簡易査定を信用しすぎないこと

簡易査定を信用しすぎないこと

不動産売却査定を依頼するためには、ある程度にコツを掴んでおく必要があります。簡易査定と訪問査定などの基本的な2つの査定方法の違いはもちろん、依頼を何社くらいに行えばいいのかといった目安なども把握しておきましょう。

どのくらい依頼すればいいのか

不動産というのは、一般的な商品と比較しても、かなり高額な商品になります。ですから、購入したい時には、なるべく安く購入したいと思うものですし、売却する時は、なるべく高く売却したいと思って当然です。

たった1社にしか依頼をしないというのは、あまりに面倒くさがりという他ありません。信頼できる不動産業者の存在があったとしても、3社くらいに査定依頼をしても損はありません。

逆に10社も20社もと欲をかいても、結果はそこまで大きく変わることはないのです。最終的に本当に売却を考えていて、1社に絞る予定であれば、簡易査定を5社程度に依頼をし、その中から良さげな3社くらいに絞り、訪問査定を依頼するようにするのがおすすめです。

簡易査定をまるまる信用しないこと

簡易査定を一括査定サイトなどを利用して行った場合、とにかく訪問査定の依頼をもらおうとして、通常の価格よりも割高に査定をしてくる不動産業者も存在しています。

そういった業者は、淘汰されていきますが、最初の査定で他の業者が提示しないであろう高額な査定結果を出し、実際に訪問査定をして、色々と理由をつけ、適正価格もしくは、それ以下の査定額を出す。

その上で売却せざるを得ない状況を作り出すといった営業方法を取っている業者もいるので、注意するようにしましょう。確かに簡易査定で高額であれば、他の業者よりも魅力的に感じるかもしれませんが、注意しましょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む  

アーカイブ