不動産のプロがしっかり査定します!

不動産査定はプロにお任せ!素人だと不動産について詳しい方は少ないので、不動産査定や売却はプロにお任せしましょう。 - 不動産査定を依頼する場合やっておくべきこと

不動産査定を依頼する場合やっておくべきこと

不動産売却査定を受ける際には、より高額に評価をしてもらうために、行っておくべきことがあります。こういったものを軽視してしまうと、残念な査定結果にがっかりとしてしまうことになりますから、注意をするようにしましょう。

家の中は片付けておくこと

簡易査定であれば、まったく必要のないものですが、訪問査定を依頼するのであれば、部屋の中はしっかりと片付けたり、掃除をしたりして、キレイにしておくことが重要です。

実際に売り出す予定がある場合には、必要不可欠なアクションと言えるでしょう。実際に売り出すつもりがない場合でも、やはり最低限の見栄えは良くするようにしておくべきです。

訪問査定とはいっても、実際の購入希望者が見に来るわけではないので、必要ないと感じる方も多いです。しかし査定員も人間です。やはり感情がありますから、汚い物件よりもキレイなものを評価するとしても不思議ではありません。

時間をしっかりと確保しておくこと

訪問査定に掛かる時間を考慮しないで依頼をするのは危険です。査定そのものに掛かる時間は1時間ないし2時間前後と言われています。

更にその結果が出るまでは、そこから1週間前後の時間が掛かるのが一般的です。ですから、急に売却したいから、早く査定をして欲しいなんてことを望んでも、それを実現させるのは難しいといえるのです。

一方で簡易査定ならほんの数時間で連絡が返ってくる場合も多いです。しかしながら、あくまでも情報から算出したざっくりとした査定に過ぎません。

またサービスの差別化を図っているような不動産業者であれば、簡易査定であっても、自主的に登記簿などを確認するようなサービスを提供したり、現況をヒアリングしてより訪問査定に近いような金額を算出することをウリにしているところも珍しくなく、この場合結果には1週間前後かかることもあるようです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

アーカイブ