不動産のプロがしっかり査定します!

不動産査定はプロにお任せ!素人だと不動産について詳しい方は少ないので、不動産査定や売却はプロにお任せしましょう。 - 不動産売却査定に必要な書類は?

不動産売却査定に必要な書類は?

不動産売却査定を行い、実際に訪問査定などを利用する場合には、絶対に揃えておくべき書類というものがあります。査定をただ単に依頼し、自身が保有する財産を把握したいという場合はもちろん、実際にその先に売却を考えている場合でも必要になりますから、しっかりと準備するようにしておきましょう。

登記簿謄本を用意する

登記簿謄本は訪問査定時に提出されることを依頼されることが多いものです。その不動産が本当に依頼者のものであるのか否か。これを確認出来る書類ですから、絶対に用意するようにしましょう。

注意すべき点としては、土地と建物とで登記簿謄本は違っており、その両方を準備しておく必要があるということです。ただインターネットで入手をすることが可能ですから、覚えておきましょう。

また登記簿謄本に関しては保有者以外でも取得が可能ですし、代理で確認をしてくれる会社も存在していますから、何気に簡単に手に入れられます。

公図を用意する

法務局で手に入れることが出来る一般的な地図とは違う地図のことです。
ただしこれは前述の登記簿謄本のように必須ではなく、なければ、住宅地図などでも代用してくれる不動産業者もあるようです。

このように不動産業者などの違いによって用意しておいて欲しいと言われるケースもあれば、そうでないケースもありますから、覚えておきましょう。

他に必要な書類関係

他にも必要な書類があります。ざっと挙げていくと、測量図や建築確認証、検査済証。登記済権利証や固定資産税課税明細書などが挙げられます。

いずれも、あくまで訪問査定を依頼する場合にのみ必要なものになりますから、簡易査定の場合には、必要はなく、気軽に依頼しても良いということを覚えておきましょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

アーカイブ