不動産のプロがしっかり査定します!

不動産査定はプロにお任せ!素人だと不動産について詳しい方は少ないので、不動産査定や売却はプロにお任せしましょう。 - 不動産売却査定に必要なものは?

不動産売却査定に必要なものは?

不動産売却査定は、近年では一括査定サイトなどが存在しており、以前と比較すると、容易に行えるようになりました。しかしながら、その査定を受けるために、何も必要がないのか。
不動産売却査定に必要なものはどのようなものがあるのかなどを紹介していきましょう。

両方の査定依頼で必要なこと

不動産売却査定には種類があり、メールなどのやり取りのみで行うことができる簡易査定と、実際に保有する不動産を目で見て査定してもらえる訪問査定の2つが存在しています。

この2つの査定を依頼する場合に必要なものが存在しています。ものというよりも、情報といえばいいでしょうか。まずは氏名と連絡先、住所といった基本的な個人情報が必要です。

そして不動産情報も提供する必要があります。まずは種類。種類というのは、戸建てであるのか、マンションやアパートなどの集合住宅であるのか。そして建物は存在せず、土地のみであるのかといったことです。

そして、築年数や建物面積と敷地面積。間取りといったものの情報も必要です。最後に現況について。
これは実際に居住中で使用をしている状況なのか、賃貸物件として貸し出されているのか。
何も使用をしていない空き家なのかどうかといったことです。

簡易査定でも訪問査定でも、以上に挙げた情報は必要になりますから、用意をするようにしておきましょう。

隠してはいけない情報

少しでも高く売却したいのは分かりますが、以下のような情報を隠すのは辞めましょう。
それが不具合状態やリフォームの有無です。物件の状態にウソの情報を提供すると、結局その場では高額が提示されても、実際の訪問査定でそれがバレ、評価が著しく落ちるため、時間の無駄になるのです。

関連する記事

次の記事: を読む ≫

アーカイブ